Now Loading...

 

アーカイブ

国鉄JR九州時代

1935年2月20日~1989年4月27日、国の運営する鉄道として高千穂の地に誕生しました。

念願の高千穂延伸 一番列車
念願の高千穂延伸 一番列車
第2五ヶ瀬川橋梁
830D列車
昭和56年11月24日撮影
撮影者:大原弘志氏(福岡県)
第2五ヶ瀬川橋梁
第3五ヶ瀬川橋梁
830D列車
昭和56年11月24日撮影
撮影者:大原弘志氏(福岡県)
>第3五ヶ瀬川橋梁
日之影駅-五味駅
830D列車
昭和56年11月24日撮影
撮影者:大原弘志氏(福岡県)
日之影駅-五味駅
高千穂駅発車前
830D列車
昭和56年11月24日撮影
撮影者:大原弘志氏(福岡県)
高千穂駅発車前
高千穂駅到着
825D列車
昭和56年11月24日撮影
撮影者:大原弘志氏(福岡県)
高千穂駅到着
高千穂駅 到着直前
825D列車
昭和56年11月24日撮影
撮影者:大原氏弘志(福岡県)
高千穂駅 到着直前
高千穂鉄道時代

1989年4月28日、国鉄より第3セクターであるTR高千穂鉄道として運営が移管されました。災害による今回の運休まで、多くの困難を乗り越えて運営されてきました。

トロッコ列車との交換待ちをするTR-201
槇峰駅
平成17年1月9日撮影
撮影者:伊東洋之氏
トロッコ列車との交換待ちをするTR-201
台風災害を受けて

2005年9月6日に台風14号が九州に上陸し、多くの災害の爪痕を残していきました。TR高千穂鉄道も例外ではなく、今回の運休という多大な被害を受けてしまいました。

波打つ軌道
日之影温泉
平成17年9月11日
撮影者:赤星たみこ氏
波打つ軌道
流木がからみつき、後方では土砂崩れが
五味~日之影温泉間
平成17年9月11日
撮影者:赤星たみこ氏
流木がからみつき、後方では土砂崩れが
道床が消えてしまいました
五味~日之影温泉間
平成17年9月14日
撮影者:赤星たみこ氏
道床が消えてしまいました
宙に浮くレール
五味~日之影温泉間
平成18年1月1日
撮影者:伊東洋之氏
宙に浮くレール
五ヶ瀬川の川底にて
川水流~上崎間 第一五ヶ瀬川橋梁
平成18年1月1日
撮影者:伊東洋之氏
五ヶ瀬川の川底にて
濁流にも切断されずしがみついたレール
川水流~上崎間 第一五ヶ瀬川橋梁
平成18年1月1日
撮影者:伊東洋之氏
濁流にも切断されずしがみついたレール
「鉄道省 昭和11年」
亀ヶ崎~槇峰間 第二五ヶ瀬川橋梁
平成18年1月1日
撮影者:伊東洋之氏
「鉄道省 昭和11年」
橋脚ごと流された橋桁
亀ヶ崎~槇峰間 第二五ヶ瀬川橋梁
平成18年1月1日
撮影者:伊東洋之氏
橋脚ごと流された橋桁
橋桁は落ち、橋脚には亀裂が
亀ヶ崎~槇峰間 第二五ヶ瀬川橋梁
平成18年1月1日
撮影者:伊東洋之氏
橋桁は落ち、橋脚には亀裂が
復興に向けた活動

ただいま、掲載記事を準備しております。今しばらくお待ち下さい。